お葬式のしおり

葬儀後に必要なこと

(四十九日法要に忌明けのあいさつを兼ね、香典返しをします。) 1.隣近所へお礼に出かけます お世話になった町内会長の方や隣近所の方々へあいさつに出かけ、お礼を述べます。 借り物などの返却も早めにすませておきます。 2.満… 続きを読む »葬儀後に必要なこと

精進落しと初七日

(皆さんで故人のえい冥福を祈ります。) 1.精進落し 遺族、親族、葬儀役員、お手伝いの方にも酒肴を供し、労をねぎらいます。 喪主がお礼の挨拶を述べます。 2.初七日法要 初七日法要は、亡くなった日もしくは亡くなった日の前… 続きを読む »精進落しと初七日

火葬とお骨上げ

1.火葬場で納めの式をおこないます 喪主から参列者にお礼の挨拶を述べます。 進行係が代火葬場の火炉の前に柩が安置されます。 僧侶の読経が始まったら焼香または最後の対面をします。 ※火葬場により作法が異なります。 納めの式… 続きを読む »火葬とお骨上げ

出棺

(最後のお別れをし、火葬場へ向かいます。) 1.最後のお別れをします 喪主から参列者にお礼の挨拶を述べます。 (進行係が代行する場合もあります) 柩の蓋を空け、お別れをします。 祭壇に供えられていた花を切って入れ、美しく… 続きを読む »出棺

葬儀と告別式

(大規模な場合をのぞいて、葬儀と告別式は引き続いておこなわれます。) 1.参集 開式の時間前には身じたくを整えて式場にお集まり下さい。 2.写真撮影(オプション) 式の30分前に祭壇と親族の方の記録写真を撮影いたします。… 続きを読む »葬儀と告別式

葬儀当日までに

(焼香の順番や供車の割り当てを事前に決めておきます。) 1.焼香順位を決めます 焼香順意表に、あらかじめ記入しておきます。 万一のために、留焼香者(焼香順位の最後に焼香を行う年配の親戚の方、伯父等)をお願いしておきましょ… 続きを読む »葬儀当日までに

通夜ぶるまい

1.通夜のあいさつ 読経が終了したら全員にお茶を出し、少しの間、故人をしのんだお話などで過ごします。 2.通夜ぶるまい 弔問に対する返礼と清めの意味もこめて行うのが通夜ぶるまいです。 精進料理と日本酒でもてなすのが基本で… 続きを読む »通夜ぶるまい

通夜式

(通夜の意) 本来通夜は故人の枕元で、親しい人々が酒など酌み交わし故人の徳をしのび、思い出話等をして、夜を通して(徹夜)線香のお守りをしたものですが、最近は、ご寺院の読経に合わせてお焼香して帰る様な風習になっております。… 続きを読む »通夜式

受付の準備

(受付に必要なものの用意は当社にお任せ下さい。) 1.受付を設けます 会場の入り口に受付をつくります。 芳名録、筆記用具、香典受け、名刺受けなどを準備します。 礼状と粗供養品(弔問者にお渡しする時、受付の場合とお帰りの場… 続きを読む »受付の準備

会場の設営

1.葬儀の会場を決めます 葬儀の会場と祭壇の位置を決めます。 受付の設営・幕張りなどを行います。 (雨天の時に備え、テント、暖を取る燃料、扇風機などの用意も必要です) ※自宅葬儀の場合、邪魔になりそうなタンス、下駄箱など… 続きを読む »会場の設営