TOP / 葬儀の知識 / お葬式のしおり

お葬式のしおり

葬儀後に必要なこと

(四十九日法要に忌明けのあいさつを兼ね、香典返しをします。)

1.隣近所へお礼に出かけます

お世話になった町内会長の方や隣近所の方々へあいさつに出かけ、お礼を述べます。

借り物などの返却も早めにすませておきます。

2.満中陰(四十九日)法要

忌明け法要として、亡くなった日もしくは亡くなった日の前日から数えて、四十九日目に営む習わしですが、 その前の休日に合わせてもかまいません。(遅れるのはいけない)

初七日と同じように僧侶を招いてお経を上げていただきます。

家の安置しておいたお骨は、この日に納骨する場合が多いようです。
(昔は、火葬場の帰りに胴骨のみ墓地に納骨していました)

3.香典返し

香典返しは、四十九日の忌明けのあいさつを兼ね、喪主が故人の供養のためにする習わしです。

いただいた香典の金額により、ふさわしい品を礼状とともにお届けします。

香典返しの目安は、喪主の同僚以下の方へは半額程度、目上の方へは3分の1程度です。
地域の習慣によって異なる場合があります。