TOP / 葬儀の知識 / お葬式のしおり

お葬式のしおり

火葬とお骨上げ

1.火葬場で納めの式をおこないます

喪主から参列者にお礼の挨拶を述べます。

進行係が代火葬場の火炉の前に柩が安置されます。

僧侶の読経が始まったら焼香または最後の対面をします。
火葬場により作法が異なります。

納めの式が終わると点火します。
点火が終わった後、一度自宅へ帰る場合と帰らない場合があります。

火葬場から帰った人は塩払いをしてから家に入ります。
浄土真宗などでは行いません。 宗旨宗派により異なります。

2.火葬が終わった後、お骨上げをします

お骨上げには木と竹で組み合わせた箸を使います。

二人一組になり、一人が足の方から順番に要所の骨片をはさみ、もう一人が箸うつしで骨蓋に入れます。

舎利と呼ばれる喉仏は、別の骨袋に入れます。
火葬場により作法が異なります。

3.お骨を持ち帰ります

お骨は、喪主が両手で抱え持つようにします。

火葬場から帰った人は塩払いをしてから家に入ります。
宗旨・地域の風習によって異なります。