TOP / 葬儀の知識 / お葬式のしおり

お葬式のしおり

玉串奉奠の作法(玉串奉奠の作法[神式])

1.神式では玉串奉奠を行います

仏式の焼香にあたるのが、玉串奉奠です。

玉串を霊前に捧げる順番は、仏式と同じく、喪主から血縁の濃い順位です。

参列者が多い場合は、礼拝だけの場合もあります。

2.玉串奉奠の手順

  1. 祭壇に進んで、神官の前で一礼をします。
  2. 玉串の枝の根元を右に、枝先を左にして受け取ります。 左手で枝の下から捧げるように持ちます。
  3. 神官にもう一度礼をし、祭壇前にある、玉串奉奠台の前二〜三歩のところまで進みます。
  4. 玉串を軽く目の高さまで捧げ右回りで回転させます。
  5. 正面を向いたまま少しさがって二礼し、音を立てずに二回拍手 (しのび手)一礼します。 再び神官に向かって一礼し、霊前から下がります。
    神式の各宗派により作法が異なります。