TOP / 葬儀の知識 / お葬式のしおり

お葬式のしおり

香典の知識

(弔問や会葬に際し、各自が香を持参し故人の冥福を祈ったことから「香典」と呼ばれるようになりました。)

1.表書きの心得

袋の表に、名目と姓名を記入します。

裏の左隅に金額を記入します。

中包みにも、姓名、住所、金額を書いておいた方が先方に対して親切でしょう。

表書きは筆で書きましょう。

上書きは「御香典」とするのが一般的です。

「御霊前」「御香料」と書く場合もあります。

2.持参の心得

香典は弔事用の紫、紺、灰色などの袱紗からとり出し、先方に正面を向けます。

3.仏式の場合

上書きは「御仏前」「御香典」または「御霊前」とします。

4.神式の場合

上書きは「御玉串料」または「御霊前」「御神前」とします。